イラスト 2019/9/17

イラスト 2019/9/17
昨年の今頃は刺繍を始めていた、隔週で発売する材料がその雑誌に入っている
3回買って終わってしまった、足らない糸はユザワヤで購入して自己流で仕上げたなかなかの自己満足出来栄えであるがそこで止めた、目が疲れ肩が張るそして止めた。(2018/11/11のブログに写真あり)
これからもっと歳を重ねた時に家で静かに過ごすときの用意で趣味を増やしてみたいと始めた刺繍だか一作目で自分には合わないと見極めがつき、次に今年の4月頃から、折り紙を始めたがこれは大した作品はなく止めてしまった。そして今回はイラストに挑戦してみた。まず図書館で借りてきた本で真似をして書いた、なかなか良くかけたと思った
でもこれが続くどうかはわからないが、今のところ暫く続いている。その第一作目である
Img_2194

| | コメント (0)

何で知った事か覚えがないが。 2019/9/15

何で知った事か覚えがないが。 2019/9/15
何時の頃に知った話か覚えはない
酔っぱらって帰った夫はグタグタに酔っぱらっていた、今始まった事ではない。玄関で寝転び妻君は呆れかえっている。もうこんな事まっぴらだと思っていると、妻を見たクタクタ男は片目をつぶって見せたという。すっかり怒りを忘れた妻は呆れながらも介抱した。
なんという人間の頭のプログラムの素晴らしさよ、人間とは摩訶不思議な感情があるが、こんなユーモアか機転かそれともその人のセンスか持ち合わせていたら傘寿をむかえようとしているわが身は羨ましい。真似は出来そうで出来ないが真似はしたい。

 

| | コメント (0)

交通安全のお守り2019/9/13

交通安全のお守り2019/9/13
車のハンドルに交通安全のお守りがひっかけてある。
「帝釈天交通安全」と記してある。
いったいいつ行ったのだろうかと考えた。そうだ娘が高校生の頃、子供の日、五月五日であった。柴又帝釈天で入館料を払う時「子供は無料」、とあるので係りの初老男性に「アノ、、」と娘を見て「子供なんですけど」と言うとその初老さん何と「あぁ、、あんたの子供、間違いネイね」と言って無料でいれてくれた。この場合この子供とはおそらく、15歳以下をさしたに違いないが私のジョークに答えてくれたかジョーク返しと言う事で今でも帝釈天の思い出に出てくる。その娘も53歳である。どうやらその時の交通安全守りらしい

Img_2193_20190909095601

| | コメント (0)

バナナ 2019/9/11

バナナ 2019/9/11
浅草の地下道にたたき売りのバナナやが出ていた。もう50年以上前の事である。そのバナナを土産にと当時付き合っていた人に差し上げた「冷蔵庫にどうぞ」すると「イヤ、バナナは冷蔵庫に入れるとダメなんだよ」と言う。それから半世紀に渡って私はそれを信じていた。冷やすと皮が黒くなると言う。だが数年前に冷蔵庫に入れて長持ちすることに気が付いた。もっと早くに知りたかった。当時は栃木県の藤岡と東京板橋の住人で、付き合い人とは、今の連れ合いである、まるで空気のような同居人という存在も50年の月日のわざがなした感想である。

| | コメント (0)

マラソン 2019/9/10

マラソン 2019/9/10
私は走るのは苦手である。昔まだ20歳頃だったか会社の労働組合の行事として運動会の計画でアンケートをとったとき私はすかさず「運動神経が鈍いので反対」とした時の組合長の激怒は忘れられない。要は当時体を動かすことが苦手だったのであるが、後年になってどうした事か苦手なりに体を動かすような行事にはほとんど参加するようになった。だがマラソン、走る事には今でも嫌いだが見るのは好きである。特にマラソンは好きである。「あと半分20kmだ」と声を出してテレビに言う。そのたびに私の人生の折り返し地点は何歳頃なのだろう、もうすでに越してはいるが、平均寿命というのがよく発表されるが今年は女性86歳何カ月とあったがそれは今生まれた人の平均寿命だそうで、もうすぐ傘寿を迎えるわが身はあと何年それなりの健康でいられるだろうか、生きる長さより私の場合は普通の生活が出来るかと言う事である。人生はマラソンである。行きと帰りは考えようでは帰りは短くもあり長くもある。さて何をしてこれから過ごそうか模索中である。

 

| | コメント (0)

Windowsスポットライトに驚いた 2019年9/9

Windowsスポットライトに驚いた 2019年9/9
7月19日にWindowsスポットライトの事を書きましたが、なんとその写真を取り出すことが出来るんですよ。システムの中にその写真が収納されている場所があったんです。今日のパソコンの大発見でした、時々何かのきっかけで今まで知らなかった操作が発見すると心中は大騒ぎで拍手しています。今日の午後の大発見でした。この写真は2017年10月頃のスポット写真です
771c83faedd589dcb268af61964328a02ba659d0

| | コメント (0)

私の夢云々 2019/9/7

私の夢云々 2019/9/7
夢にもどうやら年代別に違っているように思う。昔の子供の頃にはよく空を飛ぶ夢を見た悪漢が迫ると両腕を回転させてゆっくりと空中に浮くのであるが時によってはあまり飛ばない時もありかなり上空に飛ぶこともある、飛行機のような上空ではなく家の屋根程度の高さである。今でも2.3年に一回くらいは空中乙女になる。歳を重ねてからはさほど夢は見なくなったが時には、驚いて目が覚めると、「あっ夢だったか」と思うこともあれば夢の中で、「これは夢の中の出来事」だと見極めがついている時もきもある。続きを見たい楽しい夢、ワクワクするような夢、誰でも多少なり夢は見るだろう。全人類夢は見るだろうから、夢の研究をしている人はいるのだろうか?とふとそう思った
最近夢は見ても起き上がるとその夢は消えてなくなるように思うが「脳みそ」も都合よく消えたほうが良かれと消失させるのかそれとも、脳の老化現象か((´∀`))ケラケラ。

 

| | コメント (0)

引き出物 2019/9/5

引き出物 2019/9/5
お葬式、法事、結婚式その他色々と集まり事には「おつつみ」に対しての何がしかのお返し物がある、(ない場合もあるが)ある知り合いがそういう時に「おつつみ」なしでお返しだけもらってくるのを習慣にしていたそうだ。それを知った新妻が驚いて無理に「おつつみ」を持たせたら何とお返しだけもらって差し上げるのをいつもの習慣で忘れたと言う。これは笑い話に似ている。
昔、わたしが若かった頃には弔時のお返し物にはシーツやらバスタオルなど多かったように思う、いつも家の棚にその時にもらった、古くなった箱が積み重なっていた。その後いつのころからはお茶が多かったように思う。これは誰々さんの家のお茶だとか言って飲んだものだが、最近又、タオル系統が多くなったように思う私の思込み感想ではあるが。
最近自分が高齢になり周りもそれなりの高齢となり弔時が多くなり、時代時代で変わるもの、流行があり、やり方があるのだと思った。
通夜の席で後ろの方から「電話だよ、電話だよ」と機械的な声がする。高齢の婦人は慌てて外に出た。携帯のマナーモードにする方法を知らなかったか?。これも時代の流れにつけない年齢となったせいと、思ったおばさんでした。

| | コメント (0)

夫の道具箱 2019/9/3

夫の道具箱 2019/9/3
我が家に頑丈なプロはだしの大工道具箱を買ったのは今から45年位前であった当時ビックリするような値段だった。最近までそのシールの値札が貼られていたがいつの間にかない。4800円と記憶している。日曜大工にしては人並み以上に上手ではあるがそれ以上ではない。現在84歳もうすぐ85歳の連れ合いは時々使用しているが中身はかなりさび付いているように思う。兎に角なんでもそうだが、形から入るタイプの人であるから、さほど使いもしない道具でも揃えるのが好きである。これから使うと言って購入はするが、いつ使ったかわ 知らないような小物がクタクタとさび付いてその道具箱に入っている、そのほかにもう一つ入りきれない分の道具入れが並んでおいてある。本人にはその中身の所在は分かっているようだが、「これ何に使うの」と聞くとそれらしき答えは返ってくるが、使っている様子はない。
これ以上増やしてもらっては困ると内心思っている。最近はめっきり大工道具の出番はなくなったが、どうやら夫の父親は大工であった、血を引いているようである。ある時「大工さんになれば今時大棟梁になっていたよね」と言うとニヤニヤしてまるで夢のような答えが返ってくる。それは書かない!!

 

| | コメント (0)

昨日に続く雨について 2019/9/1

昨日に続く雨について 2019/9/1
昨日の秋雨前線に続いて今日は「柿の種」をのらりくらりと口に入れていてフトその袋をみると面白事が書いてあったのでお披露目しちゃいます
「降水確率0%でも雨が降る!?
降水確率は0%を“ゼロ”ではなく“レイ”パーセント呼びます。これはゼロ“全くなにもない”と言う意味に対しレイ“は極めて少さい、わずかな”と言う意味があり天気予報では降水確率5%未満を0%表示しているためもし降水確率0パーセントで雨が降っても天気予報がハズレとは言えないようですね。」
とありました。柿の種袋、こばなしのタネ からでした。
Img_2190

| | コメント (0)

より以前の記事一覧