「待て」と言って待つ悪漢がいるだろうか 2020/9/25

「待て」と言って待つ悪漢がいるだろうか 2020/9/25
時代劇を見ていると捕り方が十手を持って 待て!! と言って追いかける。
が、待つ悪者がいるだろうか、そんなの見た事がない、いつも不思議な風景である。
一度この事について書こうと思っていたが後が続かない。終 ((´∀`*))ヶラヶラ
Kobutizawa-7

| | コメント (0)

歳重ねマジック 2020/9/23

歳重ねマジック 2020/9/23
 2015/8/31に書いた文です(このコロナでスティホームが多くなり以前書いた文をワードに書いています。何しろ500話以上あるのですから4月から始めてやっと半分くらいまで打ったでしょうか)
これってどういう事か。「歳重ねマジック?」
以前若かった頃は言えなかった言葉や行動、態度や着るものなど歳を重ねるたびに出来るようになる。それがまさに“歳重ねマジック”と私が命名した七文字熟語である。
年を重ねた褒美ではなかろうかと、、?
人は面(つら)の皮が厚くなったと表現するかもしれないが、薄い皮では中身が見えてしまうから厚くなったと表現する。
それが 歳重ねマジック と言う事になる。最近有名な女優さんが「わりなき恋」と言う小説が出た。だいぶ待たされた図書館でやっと借りて読んだが、“うんうん成程”“共感できる”等と私の体の血を騒がせ、なんどもうなずいて読んだ。表現の仕方は私の言う 女優さんの歳重ねマジックであると確信してしまった。若い時この表現は出なかったであろうと。
素敵に歳を重ねて、生きたいものだと思うが、どうやら私のマジックはごく普通のおばあちゃん発想マジックで生きていくのだろう。
Img_2939

| | コメント (0)

一世、二世、三世 ? 2020/9/21

昨日故郷に行ってきた、3月彼岸、8月お盆と墓参りはコロナ騒ぎで行けなかった。
故郷は良いな、お寺に着くなり、なんと気分の良い事かと思わずマスクを外して深呼吸、そば畑は花が満開、息子の運転でぐるっと小さな町中をひとまわり、息子も小さい頃、夏には良く私の故郷に。
まだ両親が健在で毎年のように川遊びや山に行ったので思いだすらしい。取り壊された実家の跡地を眺めながら何とも言えない気持ちになりました
やっぱり故郷は日本一だ!
 
一世、二世、三世 ? 2020/9/21
親子は一世、夫婦は二世、師弟は三世 という言葉があるが、今までつかった事がない。よく意味を知らないからだが、ことわざか?
そこでその意味を探ってみたが、親と子は現世だけで夫婦は現世と來生、師弟は何時までもという事らしい。もし間違っていたら すみません
こうなると血のつながっている子より繋がっていない連れ合いの方が結びつきは強いんだよ、皮肉りおばさんは子供は当てにならなんだよって事かと思った??
仲の悪い夫婦は世の中、沢山いるのだから気の毒だなと。
だが我が家は夫婦は二世、親子も二世と行きたいものだ。あまり使いたくない諺である。意味をはき違いそうであるから。
20620-13

| | コメント (0)

車のステッカー 2020/9/19

車のステッカー 2020/9/19
暑さもやっと、という事か?毎年暑い日が長くなるように思うが実際の所どうなのだろうか?
あるデーラーで車のステッカーをかった。身障者とシルバーを各2枚計4枚である確か2000円以上であったが、1年とたたずに色がボケてシルバーのほうは見る影もなく薄い。
連れ合いは不満を言う、安いと色が剥げると思って高いのをデーラーで買ったのにと不満タラタラ。
私が言う「100均で売ってるよ」と言うと「エッそうなのか」という事になり近くの100均売り場に行く。連れ合い感動したように驚く。
早速車に付けてみるとなかなか見栄えが良い。これが何時まで色あせないでいるかは問題である。
Img_2901

| | コメント (0)

写真の整理 2020/9/17

写真の整理 2020/9/17
思い出とは楽しく、又寂しいものである。
写真の整理をしようと思った。15年前に家を改築したときは、思い切って平成以前の写真はスキャナに取り込んだり一まとめにして一応整理したがその後の写真は平成16年までアルバムにして貼ってある。
その後はデジタル写真なので、SD、USBに保存しているが、その立てかけてあるアルバムも何とかしないと、自分が整理できるうちに始末した方が気持ちが良いと思っているが、開けてみると難しい、その写真の世界に入って思いだしてくる思い出は際限がない。
まだ良いか、と何度もそんな状態で始末が出来ないが、もう良いだろう八十路が来るのだからと誰かか肩を叩くのである。
Img_2925

| | コメント (0)

何だコレ!! 2020/9/15

新総理誕生
昨日、新総理誕生しましたね、菅新総理、秋田から初めての誕生との事、高校を卒業して上京し総理大臣にまでなる、凄いですね。
かなりの努力人に思います。どうぞ日本を宜しくお願いいたします。政治に疎いおばさんですが、期待しています。

何だコレ!! 2020/9/15
最近あるテレビショッピングで ○○昆布だし というのを購入
この容器の事だが「何だこれは」と言う事になりました。使っても使っても外見からでは減ってない。一向に見た目には分からない、そこで何でも興味深々なおばさんは、周りに被っている薄い印刷物をとってみた。どうやらこの容器に秘密があるらしい。真空状態か?
いつも容器の口部分まで出し昆布の色がしている。すでに4分の1は使ったはず、全部使ったらこの容器の実態がわかりそうである。
12507199235296

 

| | コメント (0)

トコロテンと箸一本 2020/9/11

トコロテンと箸一本 2020/9/11
毎日暑いが盛りは過ぎたようだ、コロナはまだまだ共存光栄である
私たちの付き合い方でどうにでもなりそうなコロナである。
我が家には可笑しな習慣がある、姑がトコロテンを食べるときに必ず箸を一本用意する。これはとても食べにくい、一本の箸でトコロテンがつかめないがどういう訳かと聞いたことがある。すると昔は夏になると縁台で かき氷やトコロテンを売る店が出た、「何処でも割箸を二つに割って一本だけトコロテンの横にさして出した」 と言う。私も子供のころ一本で食べた記憶がある。姑の言うとおりだと思った。我が一家は故郷が同じであるから何かにつけて話が通じる。
故郷が一緒は何につけても便利で都合が良い。かってはお寺も、墓まで私の実家と隣り合わせという場所であった。
Img_2942

| | コメント (0)

昔の大学生 2020/9/7

昔の大学生 2020/9/7
最近連れ合いが言うには、自分が子供の頃に大学生はとても珍しかったという、確か私が育ち盛りの昭和20年代の後半頃には大学に進学する人は稀だっだように記憶する。
連れ合いはその前の時代だから、かなり少なかっただろう。「大学生があそこの家にいる」と聞くと見に行ったというから、さぞ珍しかったのだろう。疎開から居座って終の棲家となった我が家、子供たちは二人は外に出たが、弟は一旦は出たが町に仕事場を構えたくらいだから、住みやすかったにちがいない。
我が家の近くには大学生はいなかった。唯一町内にある医院の長男さんが、夏休みに帰郷していたのを珍しがって眺めたものである。
今はどうだろう、大学は一般的に進学する、普通サラリーマンの親は大変である資金面には四苦八苦するが、そんな親の心を大学生は知っているのだろうか。恩を着せる訳ではないが、親心を分かってもらいものだと世の親たちは思っているに違いない。どこかで同感という声が聞こえる。
20620-10

| | コメント (0)

レジのお姉さん 2020/9/5

レジのお姉さん 2020/9/5
我が家の近くには大きいスーパーが3店ある、また小さいのもある。それぞれに特徴があってここは肉類が良い、ここは野菜、果物が安くて良いなどと自分流のランク付けをしている。ある新しいスーパーで弁当を買った時に夜中に腹痛を起こした。
連れ合いも同じものを食べたが異常なし。それから又暫くして、又そのスーパーで生ものを購入した。所が又夜中に腹痛と下痢に大変な思いをした。
だが連れ合いは何ともないので自分の体調であろうと思ったが、それからはそこのスーパーでは生ものは買わない事にした。
スーパーにはポイントという主婦には大好きな特典がある、このコロナ騒ぎでどこのスーパーも注意としてなるべく少人数での買い物をするようにと声掛けがあるそして、ポイントが毎日2倍つくサービスまで始めた。
やっと本題の レジのお姉さん スーパーではそれぞれに従業員教育によって客の対応がだいぶ違っているように感じる。
私はそのスーパーによってお気に入り、顔なじみの方がいると、そこのレジに並ぶ
レジ従業員は女性がほとんどである、たまに男学生アルバイトがレジに立っていることもある。
にこやかな人や感じの良い人が私は好きである。(だれでもそうか☺)
町で会っても覚えていてくれたか、ニコヤカに挨拶をする人もいる、きっとこの人の家庭は明るいだろうなと想像してしまう。
おせっかいおばさんの私は、職業としてきっときつい仕事ではなかろうかと思ったが、どうだろうか、傘寿に近いおばさんには出来そうもないが、ちょっと真似事でもやってみたい気分である。
Kobutizawa-8

| | コメント (0)

ルビ?? 2020/9/4

ルビ?? 2020/9/4
今朝、NKKのBSで再放送された「はね駒」はねこんま を見ていたら、良い言葉、面白い、思いつかない 私好みの言葉を聞いたので思わずメモしながら今日はコレを題にしようと思った次第です
主役のお母さん りん が子供を連れて新聞社に出社します、母親に見てもらっていた子供3歳が母親の体調がすぐれずに小連れで出社したと言う事です
それを、編集長に詫びをするときの会話です
「すみません、母が体調が悪いので4.5日、小連れで出社しても良いでしょうか、この子は一人遊びができますので、、、」と頼んでいます。
すると編集長は「ルビ付きで出社かい?まぁ良いでしょう」と言って、許してくれるのですが、その後、子供を背負って帰宅途中、りん の父親のコーヒー店に寄ると夫がきていました。
夫 「何だ子供を連れて会社に行ったのか、俺が連れて行こう」と子供を抱こうとしますと
妻(主役) 「だって漢字がなくっちゃ ルビ はないでしょう」と言って笑うのです
明治から大正にかけて活躍した女性記者をモデルにしているそうですが、とても面白くて毎朝見ています。
20620-28
森林公園北口からの眺めです

| | コメント (0)

より以前の記事一覧