弓ヶ浜

弓ヶ浜 2018/7/23

少し遅くなりましたが7/11日に南伊豆に夫婦限定のツアー旅行に行ってきました、今年は6月下旬からの猛暑でどうなるかと思っていたのですが、それほどの暑さも気にならず快適な旅行でした。その時の添乗員さんを夫と「見た事ある添乗員さんだね?」と言っていたのですが その時はそこまでで、家にかえってきて数日して旅行の動画をビデオデッキに残そうと操作をしながら見ていますと、以前の旅行の映像になんと今回の添乗員さんが映っていたのです。夫、「あぁこの人だ!」と二人で たわいのない 喜びを感じ合いました。

私たちのツアー旅行は全部が同じ旅行会社ですから、今までにも時々見覚えのある添乗員さんに巡り合います。その中でも「印象に残る添乗員さん」が二人います。その一人の添乗員さんは講習が終わってバスに乗る初めての添乗だったと思います。50代の感じの良い女性で何度も参加している私たち夫婦にはすぐにその慣れない動作は分かりました。感じのいい初々しさがありました。その時は開田高原と赤沢トロッコ乗車と銘打った日帰りで調べてみましたら2008年でした。その後何年たったでしょうか、つい最近、日帰り旅行に何と同じあの時の添乗員さんに会ったのです。あちらも覚えていて、それも鮮明に覚えていて(特に私たちは最前席でしたので)、多少の会話もしたせいでしょうか。私が始めに声をかけました「添乗が上手になりましたね」とそしたら「そうですか嬉しいです、私もお客さまの事はよく覚えています。後で声をかけようと思いました」との返事でなんともうれしく懐かしい思いをしました。上手になった添乗が何ともうれしく思った事でした。

もう一人は新幹線旅行を初めて添乗をしたという50代の女性、笑顔がかわいらしく(失礼かな?)客のそれぞれの注文に飛び回って答えていたのが印象的で帰りの新幹線の中では疲れただろうなと こちらは思っていたのですが、それぞれ客の席に挨拶に回ったりとそれは親身になって対応していました。今でも会えば私には分かるほどに印象があります。

色々ありますがクドクドと書くのは書き苦しいですからこのくらいにて、、、、、

添乗員さんもそれぞれ、客もそれぞれで世の中動いている事を感じるツアー旅行ですS2490001_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根 女性同級生とワイワイがやがや

箱根2017/11/29

少し遅くなってしまいました、行ったのは1120日です。周遊券を買ってぐるりと一般的なコースをまわりましたが、日帰りの忙しさを味わいました。でも車中での会話、歩きながらのつれずれに交わす会話は面白く長く話題はつきません。今回の箱根で感じた事は、大涌谷はつい最近の爆発はまだまだ残っており、ロープウェイでガス用マスクを配っていました。空中からの煙は凄く山肌は見えませんでした。それに硫黄のような匂いは強烈です。観光客の賑わいは賑やかで特に外人の方が多く私たちの乗ったロープウェイは私たちを覗いて全部英語圏の人達でした
S2050022_2

S2050033



| | コメント (0) | トラックバック (0)

日光紅葉見物

日光紅葉見物  2017/10/25

「日光結構大和観光」だいぶ昔CMにこういう文句のテレビCMがありました。「日光見ずして結構と言うなかれ」と言う言葉もあります。がこれは日光の東照宮やそれに関連した仏閣や華厳の滝、男体山、中禅寺湖など等を含めての事と思います

日光の近くにある前日光、横根山ふもと近くで育った私は、何度日光には行ったでしょう。数えきれません今は知りませんが。子供の頃は日光精銅所の盆踊にトラックの荷台に乗って町ぐるみで出かけたものです。

近隣の盆踊りはほとんど和楽音頭でした。

今は近隣の町々は合併したり寂れたりして盆踊りは開催しているのでしょうか。紅葉見物から離れてしましましたが、本題の紅葉見物ツアー旅行の事です19日長い秋雨でおまけに台風の発生とかその影響もあって 雨、雨、雨の中をひたすら名所を巡りしましたが何処に着いても雨、今までに体験したことがありません。旅行は天候に善し悪しが左右されます。今回バスは良し、行程も良し、天候だけがダメでした。

それでも楽しむわがままおばさんです。

湯滝ではアユ焼きや焼き団子を100均で購入した優れもののナイロン合羽を使用して溌剌と歩いたのですが何しろ雨、雨雨です。日光のシンボル男体山も隠れていました。それに夫が懐かしい味のシソで巻いたとんがらしの塩漬けを見つけて大喜び昔の味に巡り合った今回の旅でした。S2030019
S2030003_2
S2040004





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2 旅行




21
日の続きの旅行の話  2017/9/28

何処に行っか書いてないので今回はその行程と感想を書きたいと思います

出雲大社昇殿祈祷と足立美術館 石見銀山・萩・安芸の宮島・原爆ドームの55歳以上限定のクラツリのツアー旅行です。老夫婦が全員で中でも一人参加の方がいましたがそれなりに楽しんでおられました。その中で我が家の二人が一番の老人だったように思います。

観光地はそれぞれに特徴があり見どころ一杯というところですか、バスは前席予約をしました。3日間中2日目の良いとこどりの日に前席となりビデオを撮るには最高でした。

前席予約というのは前の三番目までが確約されるという予約ですが、もちろん料金がかかります。ほとんど添乗員さんが運転席の後部座席に座りますから10人までが予約できます。一泊ですと4人しか最前席はとれません。ですから予約の時に人数を確かめてからの予約するのです。そのタイミングがあります。又旅行の前に下準備をします、どのくらい歩くか、ここからここまでの距離は?そして時間は?とか歩けそうもない時はそれなりの下準備、個人行動が出来るかとかタクシーを利用で来るとか、その準備も楽しいもので、中には観光地のユーチューブもありますから、これなら大丈夫、とか少し無理か?等とおばさん流に確認して旅行に出かけます。今回はまず旅館がベットでない場合、変形性膝関節症のわが身としてはベットを希望します。と事前に伝えていますので簡易ベットがつかえました。

又、石見銀山では到底歩けそうもなかったのでベロタクシーの予約をしました。少々料金は高めと思いましたが、人力で漕ぐ三輪車のような乗り物ですから体育会系のお兄さんが汗を流しながら、説明をしたり走ったりしてくれました。

旅行を楽しむにはそれなりの下準備も必要です。歳を重ねると 増々感じてきます。さて今度は何処に行こうかと思っているおばさん自由とそれなりの健康、家族に感謝しながら、心は好奇心で一杯のおばさんなのです179199

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行

18日からの旅行はなかなか良かった。天気に恵まれて幸せな気分になりました。
台風一過の澄んだ青空でツアーですから以前行ったことのある場所もありますが、今回は30年以上も前に行ったので記憶も曖昧でした、只 年齢的に強行なスケジュールという気もしますが、皆さんに付いて行けたという安心感もありました
膝関節を痛めてから始めての旅行でした、これで少し自信が付いたようです
後日ページを作りますのでリンクを貼ります。2017/9/21 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は旅行

 台風が近づいて大変だ、明日は行きたいと思っていた山陰、山陽の旅行だと言うのに台風がもうすぐ此方に向かってくる本日中にツアー旅行会社から催行かどうか判断をして参加者に連絡するとの事だが、10年ほど前に九州に直撃の台風の最中に「飛行機は飛ぶ予定ですので催行します」と連絡を受けたが私はキャンセルをした。サークル団体でしたので参加した方によると、行くには行ったがあくる日の台風直撃には驚いたという。

幸いホテルでの夜中で通り過ぎても観光地はその被害で目的の場所までたどり着かずに中途半端な旅行だったとの事。

今回、そんなことのないように願いたいがどうなる事か?2017/9/17おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の旅行

9/18に中国地方に旅行に行くのですが今日は朝からその支度にああでもないこうでもないと、老人二人は用意をしていました。
衣類は寒い時暑い時と二通りの用意です。私の場合は結構鷹揚に構えてそれなりに用意が出来るのです
ところが夫の用意は違います。あれもこれもとバックに詰めますから、かなりの嵩になります、そしてその多めの荷物の見分けを私が振り分けるのです。面白い光景ですよ(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大曲の花火大会

Photo 行ってきました。大曲の花火大会は今年76万人今までに最高の人出との事
4万人の人口でこのお客様には対応が大変だった事でしょう。町の皆様ありがとう御座いました。
兎に角凄い人と花火の素晴らしさと打ち上げる量と時間、見るための体力と忍耐の勝負だった気がします。一度は見に行きたいと思っていましたので、行って良かったと思います。ツアー旅行でしたので翌日は男鹿半島を巡りました。20年くらい前に家族旅行で行った時、男鹿半島先端の入道崎で食べた昼食の美味しさ、立ち売りをしていたおばちゃん達の生わかめの味と安さが忘れられなかったのです。

今回の入道崎の感想は「昔は良かったね!!」でした。

初めて見た昼花火です
Hirihanabi

| | コメント (1) | トラックバック (0)