« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

信州、白馬に行ってきました 2020/10/31

信州、白馬に行ってきました 2020/10/31
26.27日に同級生たちと白馬に行って来ました
面白いなと思った事は何十年の空間があっても子供の頃と同じような思いの、会話が出来るんですね、飾らなくても良い会話とはこんなものなのだ、としみじみと感じた今回の旅行です。
4人×80歳=320年の人生を生きてきました。四人の透けて見える人生で小説など出来そうな、と私は密かに思ってしましました。
楽しく天候に恵まれて是非一度は訪れたいと思った、この時期の岩岳マウンテンビュー、青鬼地区からの遥かに雪の被った北アルプスの風景に驚き歓声をあげて楽しんで、すでに、もう次の行き先を話し合っている4人でした。
S2700025
岩岳マウンテンビューからの眺め

| | コメント (0)

羽毛布団 2020/10/29

羽毛布団 2020/10/29
朝晩めっきり寒くなった今日は暖かい布団を出そうと思った
我が家の掛け布団は20年以上まえから、軽い羽毛布団になった。綿布団は重く身体にしっくりとくっつかない。最近は我が老人二人それぞれの部屋にベットなる万年敷きっぱなしの寝道具と変わった。
私は昔、綿敷き布団を姑からの伝授で何枚か作った、かいまきも作り何十年も愛用した。だが今の時代に かいまき を知っている人がいるだろうか。寒い夜にはかいまきは肩からの冷たい風を防ぎ身体にピタリとついて、とても使い良かった。最近、くちゃくちゃした皺を入れた毛布のようなのがある。
いち早く通販で購入したが、身体にピタリと付いて肩から入る冷たい風を防ぎ軽くて暖かい、連れ合いが言うにはくちゃくちゃになって丸まって、使いづらいと言う、そんな欠点もある。でも私は優れものと思っている。
敷き蒲団も化学繊維で作った優れものも多く発売されている。時代は何につけて変わった。変わらないのは同居人の連れ合いだけであるが、それも老いが加わり顔かたちが変貌しつつある。いったい今日は何を書きたかったのだろう。
寝具の時代の変化を書いたつもりでした。
Img_2990
我が散歩道

| | コメント (0)

思い出 弟の結婚式 2020/10/25

思い出 弟の結婚式 2020/10/25
母は50才後半、そろそろ物忘れが始まる頃か、弟は東京で自動車修理工の修業をして故郷で開業をしていた。昭和48.9年頃である。
結婚式当日の事、朝当時の式は家庭か何処かの会場を借りて自分たちで用意するのが一般的であった。
借りた場所に向かう時に弟が「花束は?」と母に聞くが母は忘れたのか、聞いていないのか用意がない。そこで親子で言い争いをしている。それを聞いていた私が「いいじゃない、花束がなくったて、今更間に合わない」兎に角辺鄙な田舎の事、花やは隣町にしかないのである。
その後も草履がないとか、センスがない、など まだボケるには早いだろうと母を見て、その時は記憶力の低下かと思った。
「花束贈呈は親に子どもが感謝するんだから、自分で用意するものだろう」と私が弟に言うと「それはそうだ」と憮然とした答えだった。
母の認知症は意外に早く訪れた。田舎の事ゆえ専門医などいないから、どの家族でも歳だから仕方がないと内内であきらめる。母は70才を越えるころから、生きる意欲を無くしたように暮らしていた、私にはそう見えた。40代からの民謡の師匠として何十人ものお弟子さんがいた頃の面影はなく、寂しい晩年であった。
古い100年以上の住居の炬燵にボーと座っている母を思い出すと今でも涙がうっすらと浮かぶ。
Img_2970

| | コメント (0)

親族呼称って? 2020/10/23

親族呼称って? 2020/10/23
先日チコちゃんに叱られるで親族呼称の事、放送してました。コレ相続の事ではないんですよ!
チコちゃん面白おかしく手ぶり身振りで、おまけに顔まで変化させて、しゃべっていますので思わず見入ってしまいました。どうして呼び名にお姉ちゃんお兄ちゃんがあるのに弟や妹には無いのかとの質問なんですよ。妹ちゃんや弟ちゃんは確かにたまに聞くけど一般的じゃないよね、名前を忘れたときなど、言っちゃうけど。
その答えですが、成程と聞きました「一番下の人が基準になって呼ぶ家族の呼び方」との事でした。 なーる程と今まで考えた事がなかったからいやに感心した次第です
Img_2989
我が散歩道

| | コメント (0)

八十路同級生の旅行計画 2020/10/21

八十路同級生の旅行計画 2020/10/21
GO toキャンペーンが今盛んである、すでに調べまくった私ですが、何が何やら分からない事もあります
10月下旬に同級生と旅行を計画しています、兎に角 高齢者の同級生ですから皆同じ年配、いつ具合が悪くキャンセルが出るかもしれませんので、取りあえずホテルは予約し3日前まではキャンセル料は発生しませんから、特急券はもう少し待ってから購入しようと10月の始めにそんな計画を立てました。
10月上旬に乗ろうとした列車を調べましたら殆ど空いていましたので中旬でも席は空いていそうです。
GOTOキャンペーンって調べれば調べる程、何やらお得感がありますが、全部納得するには高齢な私にはどうも苦手なキャンペーンです。
得して旅行しようと頑張っているおばさんです。
Img_2985
散歩の途中で

| | コメント (0)

温泉駅にある観光案内所で 2020/10/19

温泉駅にある観光案内所で 2020/10/19
だいぶ前の今頃の季節である、ある温泉ホテルで同級会があった、その帰りの駅でのことである。
私は不覚にも部屋のキーをフロントに返さずに駅まで持ってきてしまった。
慌てた、発車時刻まで時間がない。そこで駅構内にあった観光所に訳を話してそのキーをホテルの人に取りに来てもらえないかと頼んだ。あつかましいお願いかとは思ったが、、
中年の女性が“ご自分でやって下さい”と つっけんどう に言う、電話番号を暗記しているらしくスラスラと言う、が その数字を並べられても私の頭に入るはずがない。もう一度聞くと、するとその女性は不機嫌そうに席を外してしまった。
私はあっけに取られて、もう一度大きな声で聞くと、今度は男性職員がメモに書いてくれた。
だが電車の発車時刻が迫っているが、まだ大丈夫と思い携帯を出してホテルに電話をすると、ホテルマンは気持ちの良い返事で、駅の観光所に預けて置いてくれとの事
なんと不親切な案内所であろうかとこの不親切さに怒り心頭、一緒にいた同級生もその後の昼食会の時に話題になり「あの時発車時刻に間に合ったかい?」と聞かれてその時の対応に二人で憤慨したのだった。
Img_20201003_160435 近くの緑道

 

| | コメント (0)

東京都のコロナ発生人数発表 2020/10/18

東京都のコロナ発生人数発表 2020/10/18
毎日この発表が午後になると報道機関から出るので注意して見ているが最近コレって何だろうと思う。私の4行日記にはいつも下の欄にその人数を書き込んでいる。
何のためかと聞かれても答えはない只書いているという事になる。
又不思議に思うのは検査数の数字が出ないのは何故だろうと思った。きっと検査数を調べるのは大変な労力がいるのではなかろうか?と短慮のおばさんはこの人数について不思議に思うのですがいかでしょうか?
Img_0013_20201018102601
我が家のハイビスカス

| | コメント (0)

化粧品に聞いてみれば? 2020/10/17

化粧品に聞いてみれば? 2020/10/17
暑いころの事9月下旬頃だったか、目に涙が入ると染みて痛くてたまらないと、連れ合いに言うと「化粧品に聞いてみれば良い」という。
思わず、「そうだね聞いて見るか」と言ったが後が続かない。
さっさと二階に上がってPCを開くとヤフー検索をしてみた。
やっぱり化粧品が原因ではないかと思った。特に日焼け止めの成分らしいがどうなのか、だが日焼け止めはどうしても欠かせないから、なるべく目の周りにつけないように、又日焼け止めを暫く塗らないようにして試して見ようと思ったおばさんである。
Img_2929

| | コメント (0)

お経 2020/10/15

お経 2020/10/15
ありがたいお経、お経はありがたいと決まっているが、私には意味不明である。もっとも短い般若心経を覚えようと何度も挑戦したがこの年代になると、かなりむづかしい、出来ない事はないだろう、発生練習のつもりで、朗読する前に一度は読むが、最初の二行までと、最後の二行までと計4行しかスラスラと言えない。
つい最近、乍ら テレビをみていたら、「お経よりありがたい」というセリフが出てきた。前後の言葉は聞こえなかったがお経よりありがたい言葉とは、もしかして、戦争中のドラマのようだったから、言葉ではなく食物ではなかったか?とフト思った。
Img_6348

| | コメント (0)

思い出 紅白の布地を掛けた嫁入り道具 2020/10/13

思い出 紅白の布地を掛けた嫁入り道具 2020/10/13
私が昔、働いていた会社は川越街道沿いにあった。二階からは通る車が見える。時々その道を眺めては気晴らしをしたり、息抜きをしたりしていた
ある時、紅白の布地を掛けた小型のライトバン(トラック)がヒラヒラとその道を通りすぎるのを見て、これは嫁入り道具を運んでいると思った。
娘にもこうして送り出したいと思っていた母親だったが娘は荷物はいらないとわが心を知らずに、あっさりと嫁に行ってしまった。
もうすでに28年昔の話である。
S1400014

| | コメント (0)

フリーズ 2020/10/11

フリーズ 2020/10/11
最近PCのフリーズしたのをあまり聞かなくなった、以前、w7 以前は頻繁にフリーズをした。私など「あぁー固まっちゃった!」と言って中断し暫くして立ち上げると普通に動くが直前に書いていたワードの文など全部消えてがっかりすることが多々あったが、最近はその不具合も大分なくなったように思う。
それでも、たまには、がっかりするような事が起きる。
そこで最近の文を書く時の我が格言(大袈裟にも☺)が「上書きを頻繁にすること」である、頻繁と言っても ちょくちょく というのではなく時々と言う事である。
予期せぬ故障、訳の分からぬ画面が出る事もあるが、それはそれ、悠然と構えて「どうにかなるさ、、」と思うと本当にどうにかなって正常化する。
PCを愛用している方はきっと何度も経験した事があるのではなかろうか、もっともこの歳で毎日PCに向かう人は少なかろうが、上書きは時時 した方ががっかりしないようである。
Img_2951
我が家の枯れかかったバラの葉にいた蝶

 

 

 

| | コメント (0)

身長 2020/10/9

身長 2020/10/9
私は身長が低いせいか身長に興味がある。
徹子の部屋 を見ていると背の高いゲストには必ずと言って良いくらいに「お背は?」と尋ねるから、きっと徹子さんも興味があるのだろう、だが徹子さんの無茶ぶりも面白く何でも興味があるらしい、次元は違うがおばさんと同じに感じて親近感がある、決していやなイメージを残さないのは、さすがだと思っていつも見ている。
子供達が私の身長を越えたのは中学生の頃だったか、連れ合いの家系は姑が結構高く、兄弟姉妹も高いから血筋であろう連れ合いも少し高い。
子供が小さい頃、特に伸び盛りは柱に線傷をつけていた。幸い子供たちはそれなりの大きさに成長して、特に娘など子供の頃は首が長いと文句を言っていたが今はさほどに首の長さは気にならない。
病院に行くと身長と体重をはかる近代的な機械がある。それで計るときなど少し背伸びをするとブザーが鳴って、もう一度という事になる。
そんな時、今更何を思って背が気になるのかと、もう一人の私が言っている。
Img_6359

| | コメント (0)

ラーメン 2020/10/7

ラーメン 2020/10/7
20年位前の知り合いの人に最近道であった。挨拶したが、どうやら忘れたようである。移転したので殆ど会わないが。
「すみません、何方か分からない」と言うから「○○ですよ」と言うが、思いだせない様でぴょこんと頭を下げて「分からない」という手ぶりをした。
だが2.3年前は「どうも!」と頭をぴょこんと下げ挨拶には答えがあったから覚えていたのだろうと思う。
当時のその家ではラーメンが好きらしく、時々子供の名前を言いながら「ラーメンだよ、ラーメン」と東北訛りでその家の道を通ると叫ぶ声が聞こえた。
懐かしい思いである。フト、ラーメンを食べながら思いだした。
Img_2960 先日の故郷での昼食「峠の蕎麦屋」の 「ごんごうソバ」量で注文したソバです

| | コメント (0)

思い出 カレーライスとオムライス 2020/10/5

思い出 カレーライスとオムライス 2020/10/5
昨日カレーライスを食べた、そこで思いだしたのがドーム型オムライスである。
 大分以前秩父の芝桜が有名になりかけた頃の話
芝桜見学の帰りに何とか温泉施設に行き、昼食を食べた。私はオムライスを頼んだ。
連れ合いは訳の分からぬところではカレーライスと決めている。当たり外れがないそうである。
さて出てきたオムライスの卵は紙のように固くドーム型で横からほじくるとその中は空洞がある。卵はまるで堅紙のようだった。どうやら冷凍を解凍したようである。味は覚えていない。
それ以来オムライスのサンプルなど見るとその話となるが、その後まだ一度もオムライスを店で注文した事がない。
我が家のカレーライスの残りはカレーうどんになったり冷凍になったり何度も食卓で大活躍である。
Img_2965

| | コメント (0)

2日の夜の事 2020/10/4

2日の夜の事 2020/10/4
同級生のTちゃんから「今夜の月は綺麗だからみてごらん」とライン電話があった
早速空を見ると、方向が違うので見えない、すると近所の方に会い暗い中で30分近く世間話をしているうちに何と横丁から見えて来た。喜んで写真を撮った。「十六夜の月」である。
Img_2980

| | コメント (0)

目がね 2020/10/3

目がね 2020/10/3
私の眼鏡は10年ほど前に作ったのが最後である。最近あわないように感じて来た。
近々(キンキン)、中近、遠近と3本ほど持っているが、今 近々として作った10年以上使っているのがメーンである。
眼鏡屋に行ったら どうやら、これ以上見える眼鏡はなさそうな事を言うから、「それは老化したからか?」と聞くと「何とも此方からは言えないが眼科で調べて、、、、」と言うが私は頻繁に糖尿やドライアイがあるから、眼科受診はしている。そうか、老化と言う事かと変に自分に納得してしまった。
姑が私と同じ年代に眼鏡があわない、眼鏡やでは、「これ以上見えるのはない」と言われた事を思い出した。
その眼鏡やで眼鏡を調べてもらうと、不思議な事に中近で作ったはずが遠近だと言う、それはどちらでも見えれば私としては構わない。
最近は目に良いというサプリメントを使用し始めた、効いているのかどうか何とも言えない。このサプリメントで効くならそれで上々。
若い頃は視力検査で2.0まで見えた目で「まだ見えます」と言ったが「これで結構」と言われた目である。
この後、老化の一途を進むわが目を大事に使うように心掛けたいと今もキーを打っている。八十路はもうすぐ目のまである。
Img_6384

| | コメント (0)

おー怖い! 2020/10/1

おー怖い! 2020/10/1
今月末に小中学校同級生と長野県に旅行に行く。早速 JR中央線の特急券、席を えきねっと に予約をしようとサイトを開いた
会員にならなと申し込めないらしい
長々とページに必要事項を打ち込み最後になると、カード情報を入れよとの事、又サイト上部に
「申し込みみの際は暗証番号を入れてもらいます」と書いてあるこれは良しとして。
高齢の私は心配性だからまだ申し込まない会員登録だけでカード番号を入れるのは怖いと感じて
途中まで入力して止めてしまった。我が家の近くのJRの駅にいけば買えるのである。
最近は色々とカード情報の流失が騒がれているのでせめて、その渦の中に入りたくないと思う、心配性である。
189231故郷の秋

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »