« 夏はソーメン 2020/8/26 | トップページ | 記憶 2020/8/31 »

本当だろうか? 20208/29

本当だろうか? 20208/29
今日の昼食は何にしようかと思った、毎日ソーメンもなんだしな~
と考えるとフト2.3日前に読んだ宇江佐真理さんのエッセイ集に江戸の食事事情が書いてあった。
「、、、江戸時代の庶民の食生活も必ずしも豊かではなかった。朝は炊き立てのご飯と味噌汁、納豆、香の物ぐらいで、昼はソバかうどん、弁当持ちは梅干を入れたおむすび。夜は冷や飯の残りをお茶漬けにしておしまいというのが普通であったそうだ」
と書いてあった。
朝は我が家とそう変わりがないが、どうだろうか、これでは栄養は?とフト思った。そういえば、昔、母と二人で親戚の信州に行った時にその家族の食卓を思い出した。朝の食卓の上には黄色い たくあん とご飯と味噌汁だけであった。夕食もそれに準じたものであるから書かないが。
その時母は「信州はこれが普通だ」と言ったのを覚えているが、我が客には 焼きしゃけ が出ていた。夕食も、もちろん客用に何か出ていたのを思い出す。
そこで江戸時代はこの食卓事情が[本当だろうか?」という事になった((´∀`*))ヶラヶラ
Kobutizawa-1

 

|

« 夏はソーメン 2020/8/26 | トップページ | 記憶 2020/8/31 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏はソーメン 2020/8/26 | トップページ | 記憶 2020/8/31 »