« 万年筆 2020/7/25 | トップページ | 孤独は誰でもそうであると思うおばさんである 2020/7/27 »

勘違いをしていた我が家のシモツケソウ? 2020/7/26

勘違いをしていた我が家のシモツケソウ? 2020/7/26
3年位前に故郷の ふるさと祭り 粟野町に行った時に、無料で配った木の苗木をもらったのだが、その時に確かに「シモツケソウ」として貰ったのである20cm位の高さであった
それから3年以上もその名前で我が家は呼んでいた
春のなると、きれいな若芽が出てきた
蕾が出た
花が咲いたと
楽しみであったが、最近フト何かでシモツケソウとシモツケは違う植物と知ったので、今朝 調べてみると何とシモツケソウで馴染んていた我が家、はシモツケという名であった。
以前から私は不思議に思っていた。どう見ても低木で木である。シモツケソウは宿根草との事。我が家のこの可愛い、季節に楽しませてくれる花は正確な名を得て、たいそう満足そうに今日も咲いてくれている1m近くに伸び枝も数えきれない程に増やした。
20726-1

|

« 万年筆 2020/7/25 | トップページ | 孤独は誰でもそうであると思うおばさんである 2020/7/27 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万年筆 2020/7/25 | トップページ | 孤独は誰でもそうであると思うおばさんである 2020/7/27 »