« 記憶 2020/6/8 | トップページ | 梅雨入り 2020/6/12 »

鬼平犯科帳 2020/6/10

鬼平犯科帳 2020/6/10
私は池波正太郎が大好きであるが、時々は浮気をしてほかの作家さんもよく読む。今は浅田次郎さんがマイブームである。私の好きな源氏物語から少し離れたが今でも大好きな事には変わりがない、テレビや何かにつけて、あぁこんな場面や言葉があったと、源氏と結び付けて思うことがある。特に言葉の中には源氏から借用したのではないかと思うこともあるが、なにせ大昔の物語だからガタガタいう人はいるまいと思う。
 さて鬼平犯科帳には色々な場面で作家の言葉が登場人物に言わせるのが、とても面白く、成程と感じ入る事多々である。「人間とは良い事をしながら悪い事をする」というのは主役の長谷川平蔵のぶためであるが、このノブタメはどんな字を書くのだろう?
テレビでは過去に主役、松本白鳳、丹波哲郎、万屋錦之助、中村吉右衛門であるが私に馴染むのは吉右衛門である。歌舞伎役者の名前は、歳を重ねると変わっていくから、鬼平が始まった頃はおそらく42,3歳位だから名前は以前の名ではなかろうか?
現在はこのシリーズものは終わっているが何度も再放送されて私たちをたのしませてくれる。このシリーズは下手な朗読をして全部録音をしてある最終は「作者死去のため終」である。
Photo_20200609105401
これらは録音して残したファイルである

|

« 記憶 2020/6/8 | トップページ | 梅雨入り 2020/6/12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記憶 2020/6/8 | トップページ | 梅雨入り 2020/6/12 »