« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

簡単な字なのに、思い違い 2020/6/30

簡単な字なのに、思い違い 2020/6/30
手書きで書き始めたが簡単な字がエッこれって間違っていないかと思うことがある。簡単な字なのに、だが間違っていない。時々何か違ってないかと色々な場面で思うことがある。最近、道順に思った。いつも通る道の橋で川の改修するために道が塞がれていた。普通はそんな時、警備員が道案内をしてくれるか、立て看板があるはず だがない。
どうしたら良いかと一旦戻った、近くに若いお母さんが車から降りて来た。私は尋ねた「向う側に出たいけど、、、」と言うと「こちらを曲がって道なりに行けば抜けられますよ」との事
確かにクネクネしていたが、どうにか広い通りに出て「いったいここは何処だろうと」思案したくらいに、その景色は見覚えがない。キョロキョロ 何といつもの方向が違うだけで、すぐ先には今日の目的、眼科医院の看板が見える。一瞬ボケたかと、しかしそうなっても不思議ではない年齢となった。年に一度、持病があるために眼底検査を受けに行ったのである。
Img_2867
雨の重みで下を向いたアジサイ

| | コメント (0)

人生相談 2020/6/28

人生相談 2020/6/28
新聞や美容院などで見る人生相談って読んだ事ありますか?
私は時間がありますので良く見ます。以前会社員の頃はまったく読まなかったです。新聞は表の見出しを関心があると見るくらいでした。
人生相談ってなかなか役に立つことや、エェーどうなってんのコレ、、
とか自分なりに感心したり、そんな事もあるのかと思ったりします。
それぞれの質問の回答はとても面白く役に立ちます。成程こういう考え方もあるのかとか、書き方も上手いものです、回答者それぞれに的を得て要約した回答には感心します。
回答も良い事ばかり書いてはありません。時には痛い一撃的な言葉もあります。
成程と考えさせられる事は多々あって、多くの人生の色々を心に止めているおばさんです。
206201
6/20武蔵丘陵森林公園にてきれいな虫ですが名前は?

| | コメント (0)

風蕭蕭 2020/6/26

風蕭蕭 2020/6/26
この字読めますか?
今、浅田次郎さんの短編集 月下の恋人 という本を読書したつもりで朗読をしています。少しでも老化を防ぐ為のあがきの一種です、笑って下さい
又長編ですと時間がかかりますので一時間以内が続けて読むには私にとっては丁度いいのです。この字です 風蕭蕭 読めますか?私はとても読めませんでした。IMEパットから探し出してやっと、「かぜしょうしょう」とまでは読めましたが意味が分かりません。ヤフーでの検索でやっと私なりの理解は、チンプンカンプンというところです、中国の史記にあるようで漢文だそうです。
まだ読んでいませんので内容はこれからというお粗末な私の読書事情です。
2062012
2020/6/20 武蔵丘陵森林公園のボーダー花壇の花

| | コメント (0)

新型コロナ接触確認アプリ 2020/6/23

新型コロナ接触確認アプリ 2020/6/23
このアプリ知ってますか、早速スマホに入れました。これから使い方を調べますが、たくさんの人に利用して頂かないと効果が出ないとの事、自分を守るため人に感染させないために。
アプリは簡単に入りました。山中伸弥先生も薦めていますから、広い意味で何となく安心です。
新型コロナ接触アプリ COCOA です。検索しますと出て来ます
Img_2868 このマークです、アイコンと言うのですかね?

 

| | コメント (0)

思い出 にぼし悶着 2020/6/22

思い出 にぼし悶着 2020/6/22
昔 母が隣のおばさんと話していたのをフゥーと思いだしました
にぼしをそのまま一匹を出汁として入れるのと、半分に折っていれるのとはどっちが出汁がでるか。母は俄然として半分を主張していますがとなりのおばさんは同じだと主張しています
私は子供心に「おんなじだ!、何てくだらない事を言ってるのか」と内心思っていました。大人になってテレビの料理の時間に、「半分に折っていれて下さい、そのほうが出汁が出やすいです」と聞き、あの時の母の言い分は正しかったのかと、亡き母を思い出しました。
20622
不老川の側道はいつもお花が一杯です。ビワの木

| | コメント (0)

心旅 火野正平さん 2020/6/18

心旅 火野正平さん 2020/6/18
この「心旅」はNHKBSで長く続いています。今はコロナの関係で再放送ですが何年か過ぎると忘れますから、とても再放送とは思えないくらいに新鮮です。毎日楽しみにして見ています。どうってことないんですが、景色、自転車が走る速度で見る事が出来る。又正平さんのおしゃべり、時には うぅぅん と思うこともありますが、それも正平さんならではの事と思えば許せちゃうのは可笑しな事ですが、普段不品行ならではの正平さん、なんとも失礼ながら可愛く感じるのは私だけでしょうかね?チャリオ君と何人のスタッフがいるのでしょうか。5.6人はいそうです。中には自転車屋さんと呼ばれている方も時々チラッと出てきます
たまにはスタッフ紹介などしてくれたら楽しいなと思っているのですが。
20618

| | コメント (0)

茄子の収穫 2020/6/16

茄子の収穫 2020/6/16
5/28日に購入した茄子の苗からの収穫です
接ぎ木をした苗の方が収穫があるというので少し高いが380円?だったか、我が菜園に植えたのが5月28日、どうしてよく覚えているかと言うと最近昨年の11月より3行日記を付けているんですよ、すぐ忘れるのでメモ代わりです。
その最初の茄子は何かの虫に食われていた。
206172-1206172-2

| | コメント (0)

思い出 屁のつっかえんぼ 2020/6/15

思い出 屁のつっかえんぼ 2020/6/15
この言葉聞いたことがありますか?
かなり前の事、連れ合いは鎌倉に行った事がないと言うので、朝、思い立って鎌倉に出かけた。我が家からは結構便利に行ける。土日は朝一本のみ直通電車があるから、それに乗れば良い。
北鎌倉近くの大きな寺には大勢の観光客がズラズラと並んで歩いている、我らもその中の一人。後方から家族連れらしい人達が横並びで歩いてくるその時の会話が「こんな寺、見ても屁のつっかえんぼにもならない」と言う、それは私には意味不明で連れ合いを見ると 吹き出しそうである。
どうやら、寺に興味のない老婦人の言葉であったようだ。連れ合いに聞くとこの言葉は昔からあったと言う。「役に立たない」との意味。そうか確かに「つっかえんぼ」などしたところで「屁」は出るからな といやに感心しておばさんでした。
205312-1 鉢植えのハイビスカス 蕾を持って咲くのを楽しみにしていると首の部分からポロリと落ちるどうした事か難しい花殿です

| | コメント (0)

梅雨入り 2020/6/12

梅雨入り 2020/6/12
11日に梅雨入りをした
10日まで真夏の暑さで、暑さに慣れていない老体としては、家にいるのが一番と涼しい部屋で過ごした。
コロナ、コロナでスティホームが続いたせいか、家籠りも、さほど苦なく、朝は一応今日の目標を決めて動き出す。家の仕事はする気になれば際限なくすることがあるが、誰にも褒められず、感謝されず、自分で満足すればそれで良し。と気軽だから、やりがい 有るなしは自分で決めれば良い。我が老体主婦は買い物に行きそびれると、レトルトや冷凍ものが、まるで自分が作ったように見せかけてテーブルに出る、それを気が付かない連れ合いも気の毒だが、それ位の方が日常生活はうまく行く。という事で今日の独り言である。
20612
我が家のアジサイ

| | コメント (0)

鬼平犯科帳 2020/6/10

鬼平犯科帳 2020/6/10
私は池波正太郎が大好きであるが、時々は浮気をしてほかの作家さんもよく読む。今は浅田次郎さんがマイブームである。私の好きな源氏物語から少し離れたが今でも大好きな事には変わりがない、テレビや何かにつけて、あぁこんな場面や言葉があったと、源氏と結び付けて思うことがある。特に言葉の中には源氏から借用したのではないかと思うこともあるが、なにせ大昔の物語だからガタガタいう人はいるまいと思う。
 さて鬼平犯科帳には色々な場面で作家の言葉が登場人物に言わせるのが、とても面白く、成程と感じ入る事多々である。「人間とは良い事をしながら悪い事をする」というのは主役の長谷川平蔵のぶためであるが、このノブタメはどんな字を書くのだろう?
テレビでは過去に主役、松本白鳳、丹波哲郎、万屋錦之助、中村吉右衛門であるが私に馴染むのは吉右衛門である。歌舞伎役者の名前は、歳を重ねると変わっていくから、鬼平が始まった頃はおそらく42,3歳位だから名前は以前の名ではなかろうか?
現在はこのシリーズものは終わっているが何度も再放送されて私たちをたのしませてくれる。このシリーズは下手な朗読をして全部録音をしてある最終は「作者死去のため終」である。
Photo_20200609105401
これらは録音して残したファイルである

| | コメント (0)

記憶 2020/6/8

記憶 2020/6/8
記憶とは面白いもので内容によっては時間が忘れさせるのもあり、反対に思いださせる事もある。今朝テレビを見ていて、こんな風景見た事がある。と思って考えていると、そうだ氷見の海岸で食事をしたレストラン、少し高ったが旨かったと思いだし、その付属のようにアレコレと止めどなく、その時の旅行コースなど思いだす。金太郎温泉で泊り近くの海鮮市場では昨日獲ったという小さな海老をサービスに貰った「火を入れて食べてね」と注意書きまでいれてあった。等と浮かんでくる何かに関連して思いだしてくる、がそれも又楽しい と言う事は歳を一杯重ねた事に少し満足している自分である。
205312-2
これなんだと思いますか?役立たずな(まずくて)我が家のグミですで。可愛いので大事にされている我が家の立木の古株です

| | コメント (0)

3行日記 2020/6/6

3行日記 2020/6/6
昨年11月から3行日記を始めた。ネットで手頃な日記帳はないかと探したが、思うようにないので、ロフトに行って探してみたがない。
そこでB5サイズのノートを購入、線を引くと丁度一年分は書けるのでまぁ良いかと始めたのです。そして最近の事、ふと眠れぬ夜に思いついたのが、エクセルで自分で作れば良いか。
しかしです、作り始めましたが、これはたいへな事に気が付きました膨大な横縦共に長々とスクロールが続きます。作りながら、やっぱ手書きのほうが簡単便利と気が付きました。
Img_2851 田植えが終わり 田んぼに映る水鏡

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »