« 無駄を嫌う私 2020/2/21 | トップページ | チコちゃん 2020/2/23 »

講談と落語 2020/2/22

講談と落語 2020/2/22
今日は講談と落語を聞きに行ってきました、なかなか面白い、もしかして病みつきになりそう。今日の演目は荻野吟子と題は忘れたが伊達藩の剣の指南役の話と落語は江戸時代の火の番の話でとても面白かった、落語の演者の表情は思わず吹き出すほどの熱演であった。女流名人会とチラシにあった 田辺いちか、桂右團冶、宝井琴桜の三人話芸でした
Img_262041

 

|

« 無駄を嫌う私 2020/2/21 | トップページ | チコちゃん 2020/2/23 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

豊年おばさん若い。桂右団次さんて男性と思っていたらあららと言う位、落語も遠ざかった。若かりし頃義兄の親戚に古今亭志ん弥さん(二代目円菊師匠一門)が真打祝で義兄に誘われた。円菊師匠も志ん弥さん熱演、数回義兄に伴い浅草まで通ったが皆義兄のお世話。円菊さんも演技区黄泉の国に。

投稿: TK | 2020年2月23日 (日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無駄を嫌う私 2020/2/21 | トップページ | チコちゃん 2020/2/23 »