« 湯たんぽの思い出 2019/12/17 | トップページ | ② 私の読書法2019/12/25 »

① 私の読書法 2019/12/21

① 私の読書法 2019/12/21
夏の暑いころはほとんど図書館よりの借本が私の暇つぶしである、何といっても暑くて外に出られない。それも3年ほど前に熱中症ではなかろうかと思う体験をした。「、、、それも面白そうなところばかりを拾い読みするのでまともに読了することはめったにない」カッコ内の文章は作家の南木佳士さんの「ふいに吹く風」から引用させてもらったが、まさしくその通りの私の読み方である。
でも読む本が今まで棚の上の飾り物だったのがふいに息を吹き返したように本が生きてくるから不思議である。本は自分でそう決めつけてそう決めている。私の読書法などと大層な題ではあるが簡単である
私の気に入り本はほとんどが短編で有名な作家ばかりである
頭に残るかといえばそうでもなく、何を読んだか忘れる位だから真剣に読んだのではない。色々なジャンルがある身体、健康に関するもの純文学、大衆文学どっちとも区別がつかぬ本、旅行記、体験記、私小説のような本など等。自分でも書いてみたいと思うこともあるが何しろ文才がないから諦めている。という訳で私の読書法とはいい加減に大量に読むのである

|

« 湯たんぽの思い出 2019/12/17 | トップページ | ② 私の読書法2019/12/25 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯たんぽの思い出 2019/12/17 | トップページ | ② 私の読書法2019/12/25 »