« 31源氏物語 最終回 | トップページ | 空き箱入れ »

背中を押されて決心

背中を押されて決心 2018/2/5

ずーっと思っていて実行できない事って、誰でもあるでしょう。でも何かのきっかけで思い立ち実行などという事、人生長ければ長いほどあると思うんです。たとえばあそこに行きたいと思いながらなかなか行けない、近いのに何時で行けると思うと実行できない。でも旅行案内やDM、テレビでの放映等によって背中を押されたように、行動という事になる。そんな背中の押され方をした今までに一番と思うことがありました。私は通信機器会社に長く務めました。ソロソロ引き時と感じた1年間。心は揺れていて辞めようか、イヤもう少し頑張ろうと。会社は転換期を迎え新しい時代を向かえていました。そしてある時、製品製造のための仕様書の整理をしていた時の事、この仕様書とは紙2.3枚が綴りになって物づくりの基盤となるのです、長く関わっていましたからかなりの製品には思い入れがあります。もう製造中止となった製品、今が盛りの製品など等、それらを思いながら「私はもう辞ても良いな」と突然、一年以上も揺れた心の決心がついたのでした。

そして、今の生活の基盤を作ってくれた会社に心から感謝した私でした。

|

« 31源氏物語 最終回 | トップページ | 空き箱入れ »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背中を押されて決心:

« 31源氏物語 最終回 | トップページ | 空き箱入れ »