« ソフトが動かない | トップページ | 何を書こうかなぁ~ »

27源氏物語

27源氏物語

今日は六条御息所の事を書きたいと思います。何といってもこの方は源氏の青春のぺージを飾る大事な存在です。当時の絶世の美女というこの女性、いつ会ったかという具体的な時期は書いてありません。物語の内容からは本妻が決まる前からの存在に思います、第二帖の「帚木」という帖にそれらしき人が源氏の内心に出てきます

この帚木も「雨夜の品定め」という後に語り草になるような内容が多くあります。

私も読んでいて成程、成程、「左馬の頭」が弁舌宜しく「確かにそうだな」と現代でも通じるような妻選びの要点が書かれています。内心私は感心してしまう位でした。私が読んだ限りではこの左馬の頭(さまのかみ)はこの場面だけの登場です、印象が強くて私には忘れられません。
この物語は人の心内を伺うような、覗くような人間の内面に起こる思考が多く書かれていますので、語っているのは傍使えの女房ですが、それは作者でその心を生かした物語と思っています。
やっと本題の六条さんの事です、始めは源氏が夢中になって通い始めますが事が成就しますと、その後に六条さんは源氏に夢中になるようです。恋愛の温度さというのでしょうか、その後は夢中さからは少し遠のいてしまいます。兎に角身分の高い前皇太子(亡き)の妃だった人です。源氏が通わないのを恨めしく毎日を過ごすのです、だが源氏は、その六条さんの邸ではあまりに気位が高くて心が休まらないと書いてあります。六条さんはそれはそれは恨めしく思うその心が自分の意志ではないのにフワフワと宙に迷って源氏に関わる女君の生死を支配するような、怨霊となるのです。

順番では夕顔、葵上の臨終の時 紫の上の病気の時、又 女三宮の産後に、薄気味悪く源氏に向かってくるのです。そんな事があるでしょうか。そんなこんなでだんだんと源氏は遠ざかっていきます。六条さんは娘が伊勢の斎宮になるので悩みならも伊勢に付いて行こうとしています、伊勢に行く前に現在でもでもその神社の名がありますが「野々宮神社」で清めるための潔斎を(今風でいうと お籠り)する娘に付いて嵯峨野の野々宮にいます。夜分に源氏は尋ねて行きます、この恋はもう終わりにしようと決心した六条さんはなかなか会おうとしませんが、お付きの女房たちに促されて会います。

会ってどうしたかその内容は書いてありませんが、夜明けに源氏は帰ったと書いてありますから、どうしたのでしょう。

これも作者の読み手の裁量で想像してくださいよと言わんばかりです。そのご 伊勢に行って京に戻ってから暫くして六条さんは亡くなりますが、その見舞いに行った源氏に「この娘を頼みます、がどうぞ貴方の思い人にだけはしないでください」と釘をうたれます、さすがに源氏を知り尽くしている女君です

その約束通りに源氏は斎宮の役を済ませた女君を入内させて源氏の勢力で天皇の后、中宮になるのです。物語は続くにつれて宮中での人間勢力関係や姻戚関係が分かってくると非常に面白くなるのです

|

« ソフトが動かない | トップページ | 何を書こうかなぁ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27源氏物語:

« ソフトが動かない | トップページ | 何を書こうかなぁ~ »