« スキャナーの故障 | トップページ | 21源氏物語 »

圧力がかからない圧力鍋

圧力がかからない圧力鍋2017/12/3

10年前に購入したドイツ製圧力鍋がこの春ごろから完全に圧力がかからず、卵、野菜料理には差し支えないが魚や肉それに固い物、蒸し物などはさっぱり柔らかくならない。

最近になってこれは正月用の料理には困ったものだと奮起して説明書を熟読した。なんと保証期間は本体に関わるものは15年という部品はそれぞれに購入せよとの事、この春4月頃に蓋のパッキンは購入先で取り寄せてもらった普通の鍋が買えるほどの高価で驚いたが、その後も何となく以前とは違う圧力のかかり方で不思議に思っても、「まぁ良いか」と思いながら使っていた。そして暮れに近くなって、これでは毎年の昆布巻きや豆の煮込みは無理と判断して、説明書から問い合わせ先に電話をすると、「そういった現象は蓋の中央部にある1cmくらいの黒いパッキンが切れている症状だというので、電話口でその蓋を眺める、そしてパッキンを取りつまんでみるとなんと破けていた。そしてその写真です

購入時の値段を考えて捨てるのももったいないと思ったおばさんはとうとう、電話口のお姉さんの力を借りて修理?したという訳です。

Aturyoku

Pakkinn


|

« スキャナーの故障 | トップページ | 21源氏物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圧力がかからない圧力鍋:

« スキャナーの故障 | トップページ | 21源氏物語 »