« 小さな秋 | トップページ | 18源氏物語 »

踊り

踊りの発表会 2017/11/15

12日に踊りの発表会がありました。なかなか上手にならないで早25年の月日がたち、そして最近では疲れや、ひざ痛などもろもろの身体状況でそろそろやめ時、潮時と思い始めた事です。

姿形、踊りには生まれつき天性のようなのがあって形の良い踊りはなかなかだれにでもできるものではないといつも思っているおばさんなのです。でもよくも25年続いたと感心して今こうして字を書いているのです。打っていると言ったほうがいいでしょうか。舞台に上がるとどうしても緊張の糸が張り詰めますから要は「あがる」ってしまうので順番の振りを忘れてしまうのです。舞台には魔物がいると何方かが言ってました。ほんとうにそう思います。そして魔物は自分の中にいて舞台で悪さを発揮するのです。嫌ですね。

でもよく続いたと自分に褒めたいと思っているのです。

|

« 小さな秋 | トップページ | 18源氏物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊り:

« 小さな秋 | トップページ | 18源氏物語 »