« 日本語の印刷ができない | トップページ | 最後の新舞踊発表会 »

19源氏物語

19源氏物語 2017/11/21

浮舟は八宮の三人の娘の内の末娘ですが、腹違いで父、八宮の今で言うお妾かけさんだった人です、兎に角当時の高貴の方々の性モラルは今とは違いますから、何人もの「情けを掛けた」人がいるようです。八宮に使えていた女房の一人を母に持つ浮舟はとうとう父に認知されずに地方の役人に嫁いだ母と共に過ごすのです。

そして京に移り母親はこの娘は高貴な血を引く娘として何とか身が立つようにと思い、匂宮に嫁いだ中の君に一時「父を同じくしている娘ですのでどうぞこの屋敷に置いてくださいませ」と申し入れます。中の君は優しい人ですので気持ちよく引き受けます。屋敷内でチラッと美しい浮舟を見た中の君の夫君、匂宮は言い寄りますが、危うく浮舟付きの女房の機転で逃げます。それを聞いた母親は大変だと自分の別邸に移して住まわせてしまいます。

そして、それを知った薫は以前恋をした大君に似た浮舟を自分の囲い者として自分のものとしてしまい 宇治に隠してしまうのです。が、それに感づきた匂宮は見つけだして美しい浮舟に、言い寄っていくわけです

当然男女の関係を持ったのです。さて中の君の住んでいる邸、二条邸に居なくなったのを知って夫君の匂宮は中の君にどんな女性なのか尋ねるのですが自分からは決して妹とは言いません。他から知るのは仕方ないとして自分からは言うまいと決めていたのです。

|

« 日本語の印刷ができない | トップページ | 最後の新舞踊発表会 »

源氏物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19源氏物語:

« 日本語の印刷ができない | トップページ | 最後の新舞踊発表会 »