« 14源氏物語 | トップページ | こらえ性のないおばさんです »

15源氏物語

15源氏物語  2017/11/1

そろそろ源氏は老いの時代に入ります、薫(正室、女三宮と柏木との密通で出来た)が生まれたのは源氏が43歳位でしょうか、後年なって生まれたので周りの人達は可愛がるだろう思うが思惑は違い、内心自分の子ではないと承知している源氏はあまり心を掛けません。お傍使えの女房達は、何と冷たい と思っているのです。正妻、女三宮は密通の恐ろしさに、落飾してしまいます。出産と密通相手の柏木が亡くなるが重なって、8で書きました「煙くらべ」という歌が交わされます。

源氏が亡くなるのは52歳でしょうかそれとも53歳でしょうか、はっきりと書かれていません。52歳の正月までは書かれてあり、幻 の偏で終わっています。これも作者が読者の経験や知識、裁量で想像して下さいと言っているように思います。兎に角 幻から次の巻まではかなりの年月が経っているように思います。

|

« 14源氏物語 | トップページ | こらえ性のないおばさんです »

源氏物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15源氏物語:

« 14源氏物語 | トップページ | こらえ性のないおばさんです »