« 2014年2月 | トップページ | 2015年8月 »

ネットに繋がらない

先日、W7がネットに繋がらない半日 アレヤコレヤ と頭をひねったがどうしても繋がらない
寝ながら考えたが分からない、PCをたちあげると画面の右下からヌゥーと音も立てずに小さな画面が立ち上がり何やら書いてあるがさっぱりその意味が私には通じない。
W8のネットは快適に繋がっているからランの問題ではないと確信。
あくる日 しかたがないからサポートセンターに電話をしてみると10分以上待たされたがやっと通じた。
すると私が初めてPCを買った当時は何回電話サポートしてもらっても無料であった
私はそのサポートセンタによって操作を覚えたといっても過大ではない位利用した事であった
それから何年かしてから有料になったとのこと、一回の質問にたいして2080円(?)ですとの回答に驚き、内心こんな大金払うのはイヤと心が叫んでる
そんな分けでどうしても繋がらない時にお願いすることにして
「繋がらないのはどんな原因があると思いますか?」と質問してみる
すると親切にもその状態を聞いてくるから詳しく説明すると考えられるトラブルをいくつか挙げてくれる
親切な事である
あくる日、又悪戦苦闘を始めようと思いフト思いついた事がある
確かPCの側面に何かスイッチがあったなと見るとONとOFの小さなスイッチ
アッこれか!! OFになっているではないか!!
そしてアクセスサインのアイコンの×マークが消えた( ^)o(^ )

これか(;ω;)、昨日から アレヤ コレヤ といじり回したラン設定を元に戻してやっと正常になった。
何としたことか、、、
そしてそのパソコンで今この字を打っている
原因は夫が階下に運ぶ時にスイッチが動いたようである
2015.7.30 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙の投票所入場整理券

選挙の投票所入場整理券が来た
そういえば、知事選挙があるのは知っていたが、いつあるのだろうかと思った位であった。
そこでいつも思うのだが投票所が遠い。
以前そのことについて関係者に聞いてみたことがある。答えは「自治会単位で決めています」とのこと、成程、我が家はその自治会からは一番外側にある地域である。
これでは、これから老齢に入って投票所に行くのは難しいなと、、とは思ったが、ハタッと気が付いた。期日前投票所にいけば近いと思ったおばさんでした。(^_-)-☆
2015.7.28 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画、「わが母の記」を見て

以前録画していた映画を見た「わが母の記」とても面白かった
映画だから見ている人に印象深く、面白さを感じさせるように作っているのだろうが一度も井上作品を読んだことのない私は早速、図書館で借りようと検索を始めた
毎日、毎日猛暑の続く中で家の中での一日は長い。
有意義に時間を使おうと思いながら、ダラダラ生活
この暑さまだまだ続くだろう
2015.7.26 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通販の宣伝

今、有名な通販のテレビショッピングを見ていて、その商品に引き込まれてしまう宣伝のうまさに驚いている
思わず欲しいと思うのは私だけではないだろう。
私もこの数年のあいだに何回、買ったかと数えてみると、腹筋を鍛える座椅子、足腰丈夫にする道具、肩もみ、足もみ機、ひんやりするというシーツ、セーター、綿毛布、ウォキングシューズ、店頭では売っていないという爪オイル、折りたたみ木製ベット、、、、
まだまだ書ききれない程を通販で購入した、当たりもあれば、外れもある 

でも宣伝文句は魅力的ほんとに欲しくなる宣伝のうまさに最後まで見てしまうのは私だけではないと思うのですがどうでしょうか♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
2015.7.24おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビドラマ 水戸黄門のお話

6月29日に水戸黄門スペシャルが放送された
そして7月19日新聞に水戸黄門の継続を願う記事があり、その記事を見た私は夫に
「これ見て!、お父さんの好きな黄門様の継続を願う記事が、、、、、又続くと良いね」というと「単純なすじだてだから肩がこらない」という、そして、そのあとの言葉が面白い、
「俺はチャンバラなら何でも良いんだ」と続く
なんだか寂しい会話である。
つまらぬ話でした。
2015.7.22 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいぶ以前の事

もうかなり以前の事「なんでも良いですから旅行に行った感想を書いてくれ」と旅行会社に勤めている人に頼まれた、

「わたしは文才がないから書けないが旅行好きだから今度行ったときにね」と曖昧な返事でこれで沙汰やみとなると思っていたが、なんとしばらくすると又催促が来た
困ったとは思ったが兎に角なにか旅行の記事が欲しいらしいので口頭でいうから相手に書いてくれというとそれではダメだという。
写真と文章が欲しいとの事、迷ったあげくに短い文と自分をぼかしたような、能登旅行の写真を送った、当時デジカメやメールがあまり一般的ではないが、物好きな私はいち早く初めていたせいもあるのか、私へ依頼はそんな、物好きおばさんを知っての事だったらしい。
そして暫くするとなんと「旅行券」が送られてくるではないか、「驚き桃の樹山椒の樹」である。
その能登旅行が次の旅行の行先を 心ウキウキと決めることになったのである。
2015.7.20 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「女の名前」今、読んでる本

今、読んでる本の中に図書館より借りた「女の名前」小野寺 苓 作 これはエッセイ集のようであるが何やら私には短編小説のように感じる
飽きない本である文章が私好みである、そして、しっかりした形で組んだ62編が盛りだくさんに盛られた文庫本に、私は朗読をして残そうと思って昨日の台風で何処にも出かけられないのを幸いに始まった
16日にマイブームとして太極拳を書いたがこの朗読は私の静かな飽きもせづ続いている趣味にちかいものがある
声は悪いが読むことが好きな私がこの朗読に思いついたのは2012年に林 望氏が訳した源氏物語を知ってからで、延々1年をかけて54帖を読み終えた
現代風に訳されていて、読みよいので続いたとおもうが全部が図書館からの借り物である。
それはSDに収められている、寝るときの妙薬となっている。
池波正太郎の鬼平犯科帳は全編、平岩弓枝の御宿かわせみが120編ほどその他松本清張の推理物など宮尾登美子の小説などなど、、、最近は少し飽きてきて朗読は遠ざかったが、おそらくまだ続きそうである。
2015.7.18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイブーム

最近のマイブームとして太極拳の順番覚えに熱中している。この太極拳は何々式とか私の知っている限りでも3種類以上もあるらしい。

私のは楊名時式という、一般的な式であるが、24式と8式あって、これがなかなか奥が深い。形や一つ一つの動作の流れの中で格好よく又道理にかなうように動くのである
足腰がどうやら丈夫になるらしいとの事である。いつまで続くか飽きっぽい私の事、自分心の中で賭けをしているのである。
2015.7.16
151_6_160
2015.6.16奥日光の千手が原のクリンソウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳重マジック

歳重マジックって何のこと?
一瞬考えてしまう、以前は言えなかった言葉や行動、態度等など、歳を重ねるたびに出来ないことができるようになる、恥ずかしくもなく当たり前のように出来るようになる。
それはまさに”歳重マジック”で私が作った造語、歳をかさねた事の御褒美だと思うんだ!

まぁ昔は面の皮が薄かったから中身が見えてしまうだから、恥ずかしいが、面の皮が厚くなると中身は見えないからね、歳重マジックって事なんだ((+_+))

自分を例えてみると
昨年あたりに有名な女優さんが「わりなき恋」を出版した、図書館での予約だいぶ待たされたが、読みだして、「ウン、ウン」「なるほど」と共感できる。
私の心の血を騒がせた、そして何度もうなずきながら、まるで「息をつかづに読んだ」という表現ぴったり、、
よくもここまでの表現をして書いてくれたと面白く楽しく読ませてもらった。
これが、歳重マジックのせいかと、若いときにはとてもそんな感想はでなっかたと思うと、自分の作った造語に自分で満足した事でした。
なんとなく「コジツケ」の感もあるけどねheart01
2015.7.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真

NHK番組に写真投稿の時間がり、クリン草の写真を送った、それは6月中旬であった、テレビに放映されるか楽しみに待っていたが、10日もその時間にテレビにかじりついていたが写真は出てこないので諦めかけていたが、2週間後に友人からメールが入って「今、あなた名前での写真が放送された」と送られてきた

もう少しの期間、我慢してテレビにその時間かじりついていれば見られたのにと少し残念に思った事でした、その写真です 2015.7.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「こおり」の下から出できたものは?

「行李」とはこの字を当てるのか写真を見てください「091191.jpg」をダウンロード

さてこの中を整理していたら、古い割烹着が出てきたあっちこっちとシミがあり漂白剤など漬けて洗いアイロンをかけると見違えるほど新品に見えてきた
畳んでいると、ポケットの縫い目の先に黒い糸くずのように見える小さなゴミそれが10個位縫い目に刺さっている
よく見ると髪の毛の様に見える、拡大鏡でみるとカットした髪の毛である
そういえばこの割烹着は娘の小学校の卒業式に先生に感謝会をする用意に買った記憶ありその後は子供の髪はいつも おばさんが切っていたのでその時に使っていたように思った
思わず懐かしく もう50歳と46歳になった娘と息子の子供時代を思い出したおばさん、ついホロリの瞬間でした
2015.7.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は中学校同級生の昼食会だ!!

台風が九州の向こうに近づいているけど、まだこちらは梅雨のじっとりしたシトシト雨だ!

昔の子供時代の集まり、こういう時の会話って時代ごとに変わってくるんだよね

40代では自分の置かれた立場、自慢するもの、謙遜する人など一応に違うから
それに私は自分でも嫌だな思うくらいに記憶力がいい、これは自慢じゃなくて忘れてしまいたくとも覚えているから妹などには、「幸せでもあり不幸でもある」と言われたこともある。

50代になると子供の事や年金の事
60代になると孫の話、「何人いるの、男か女か」などそれは人生長年生きていると話題も多い
70代になると、体の事どんな病気を持ってるとか、知識豊富な70代である。

そんな中で中学、小学 時代にあった事柄の点と点しか知らない事柄に中身が加わってなるほど、そういう事なのかと半世紀以上も経った出来事に思いを馳せるなんて事も私は度々だった
さて今回はどんな話題が私の心に残るだろうかと楽しみにソロソロ JR新橋駅まで出かけることにしよう。
2015.7.9 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう二年以上も続いている。

もう二年以も続いている新聞のコラムを書く事
私が続くのは夫が驚いている位だから、珍しい事に違いないが6月から始めたから今年の5月で止めようと思ったのに何故か続いているのはどうやら、理由があるらいし
らしいというのは、自分でも良くわかってないが、書かないと気持ち落ち着かないというか、何か自分に課せられた仕事のようになってきた。
それに忘れがちになる漢字が少し頭に残っているような感じがしてきた

それに書く用紙だが、毎日の新聞チラシやその他の用紙の裏側にマス目を420字に印刷してそこに鉛筆やボールペンで書きこむのだが、2年たつと700枚以上がたまってくる。
又その紙も夫が新聞を開き書けそうな紙が出てくると、「ハイ、お勉強の紙」と言って差し出すから可笑しい、、
そして又おかしいのは、印刷をするにはインクが必要になるがメーカーの純正のを買うと大変な金額になるからネットで探していると、夫が「コレで良いじゃないか、どうせコラム書きに使うんだから」と純正の5分の1くらいの価格、すかさず私が言う
「何言っての、コラム書きは一部で写真や文書もするんだから」と反論する
何とも我が家の会話は可笑しいがつい口外してしまう、開放型のおばさんなのです
2015.7.8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は同期会の昼食会だ

新橋で今週は昔の中学生の時の集合昼食会がある。
時々集まるお仲間さんは、どうやら同じ顔ぶれが多いので顔が分からないなんで事はない
さて、そんな時にまず考えるのが、開催される、そこまでの道順であるが今回は誰でも直ぐわかりそうな場所で、それも新橋だから鉄道発祥の地、SL広場
そして、しばらくぶりで会うのだから少し おしゃらか さんをして行こうかと思うが何しろ74歳もうかなりの高齢者だ。
それに鏡でメガネを掛けてよく見ると しわ や たるみ、しみ、と どう見ても隠しようがないからあきらめて、あるがままで行こうと思いついたが、、

亡くなった方も多く、もう少し元気で動きたい楽しみたいと思っている最近のおばさんなのです
2015.7.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日 雨雨あめアメ

梅雨だからしかたがないか、毎日どんよりとして、からっとした日がない最近です

我が洗濯、掃除、食糧ががりのおばさんとしては、朝起きるとまず雨戸を開けて空を見る、又夜に雨戸を閉めるときに又空を見、まず天気の事をブツブツと口ごもって言うそれが習慣になってそして一日が終わる
今日の朝一のブツブツは「又雨か、、」とどんよりした空を眺めて言う
そして、階下に降りてきて外の雨水溝をみると蓋が溢れた雨水で浮いて半開き状態

何処に行くにも億劫になって家中でコチョこちょと動いている
早く梅雨よ終っておくれ(祈り)
2015.7.4 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーにプルーン??

そうなんです、( ̄ー ̄)ニヤリ
我がコーヒー好きのおばさんは最近プルーンを二粒いれて飲むのに凝ってます
すぐに何事にも飽きてしまう、おばさんは2年ほど前に血糖値が少々あがり砂糖やミルクを減らしました
減らすというよりほとんどゼロに近かったんですが、最近はすっかり忘れて少々食べ始めているおばさんですが、薬のお蔭でしょうか、心配ないほどに下がりました。
そこで、すこーし甘いものを口にし始めたのです

そこでコーヒにシュガーカットのつもりでプルーンでも入れようかと思いついたのです
これがなかなか良い、体に良いか、健康にいいか、私に良いかは分からないので、マネはしないでくださいね。
ほんのりと甘く、カップの底に残った黒い物体、口に入れると柔らかくてスーとのどに流れ込むような感じです

食後のコーヒは何とも言えない感覚です。
2015.7.3 おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年以上、、マァ マぁ 驚いた事御留守をしてすみません

空いた時間はなんと1年以上、よくもまあ、この場所を確保してくだすったのに感謝します。
暫くぶりの更新です。

歳を重ねるといろいろな経験をしますが良くも悪くも自分の都合の良いように覚えている
それっておばさんだけかな、、
過ぎた日を真実はどうであれ、行動やありのままの自分に正解なんてないから”過ぎた日”
自体が正解なんだと思うんだよね
昔の人は「逃げた魚は大きい」なんて諺を伝えているけど、たとえば人生の一大事、結婚を例にとれば、その逃げた魚を捉えるのに、死ぬの生きるのと戦ったとしてもそれから何十年も経つとすっかり忘れてしまって落ち着いて考えてみると「この人、あの時の思人」か
なんて、うっすら寒く感じてしまう場合だってあるかもしれない。( ^)o(^ )
これは私の経験じゃないよ、往々にしてそうなんじゃないかと思うおばさんなのですが、、、

皆さんはどうなんでしょうか?
これから自分の考えを書こうかなと思うおばさんです、このブログを読んでくれる方が、もしいて共感出来たら何か書いて送って下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2015年8月 »