« 大草原の小さな家 | トップページ | 暑い暑いと口癖のように言っている »

始めてのリンパケア

なかなかゆったりした時間をつくれない性分でいつも あくせく動き回るのが好きなおばさんが先週、小淵沢のガーデンコテージポリアンナにお世話になりました。
森の中にある建物の周りは自然一杯の庭に小道が続き、木々の木漏れ日の中で花達は輝き「マグノリアの森」と名付けられた森
Porianaモクレンの木が多いのだろう、時期が外れていたので香にはお会い出来なかったけどその雰囲気と情景を想像して庭をゆったりと歩いていると童話に出てきそうな六角形の小さな建物、入り口に「山名リンパケアサロン」と掲げられている。
その日は「リンパケア」の開催日で、「ケアをしてみませんか」とコテージのオーナさんに
声をかけられ好奇心と、もの珍しさで早速入ってみると、小さなお部屋の中はまるで
茶室か瞑想室のようで、我が家にもこんな
部屋が欲しいな、その中で昼寝をしたりパソコンしたり、隠れたりと色々想像して 心ニヤニヤ、ドキドキ、初めての経験への少しの緊張感。

体をすべる様に動く手の温もりは吸い付くよう、その気持ち良さ、眠くなりそうなウトウト感、軽くなっていく体の感触、なんだか分からないが嬉しい効果があるようだ。

老いても老人にはなりたくないと思ってはいるものの、社会人としての定年までは上り坂
でも登りきった頂点でダラダラ下るなんて生きかたは嫌と思っている為か、いつも忙しそうにしていたい私に、以前息子が「忙しいのが好きなんでしょう」と言った事があった。
私は自分で余計な用事を作っているのかと思うと、もっとシンプルで行こう。
ダラダラではない、ゆったりしたすごし方を模索し始めたこの頃に、、。

その時
リンパケアの気持ちよさを、知ってしまったからもう知らないふりは出来ないよ!!
もっとゆっくり人生を進めよう、

知ってしまったこの気持ちよさを まるでゴム羊羹がパチッと剥がれて、美味しい甘い感触が広がったような気分になった。

さてさて、そうは思ったものの このおばさんどんな風にこれから過ごすか見ものだね。

写真はポリアンナの庭の花たちです 平成23年6月23日

|

« 大草原の小さな家 | トップページ | 暑い暑いと口癖のように言っている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 始めてのリンパケア:

« 大草原の小さな家 | トップページ | 暑い暑いと口癖のように言っている »