« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

昨日は驚いた

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
驚いた、驚いた 足がガタガタ とは大げさだけどね

圧力釜って知ってるでしょう、でも使ってる人はすくないんだよね我々年代では
そこで30年以上使いこなしていると思っているおばさんなんだけど、、、。昨日は大変な失敗をしたんです。茶碗蒸しの具材をいれた器を入れて蓋をして火をつけた。それから約15分近くたってソロソロ蒸気がでるはずなのになかなか出てこない。横目で見ながらまだかまだかと。
その内にⅠmも離れている流し台で片腕が熱で温かい、おかしいな、不思議だなと思いながら圧力釜の底を恐る恐る覗いて驚いた。色が変わっているではないか。
「もしかして水を入れてない」釜を用意して水を入れた記憶がない。

すぐに火を止め、動かして爆発でもしたら大変と心配しながら待つこと20分中身よりこの我が家で一番高価な台所用品が大心配。
濡れたふきんで少し触るとジュウーという怖い音、またまた待つこと10分静かにコンロより下ろして木製の鍋敷きにのせると、何だか焦げ臭い匂いが漂ってくる、なんと鍋敷きが黒く焦げてきた。そこでまたまた驚いて鍋敷きをひっくり返して待つ事 しばし、、、、

蓋をそーと開けると少し焦げっぽいがその茶碗蒸しは見事に出来上がって美味しそう

そして外見は異常なさそうな釜内、中蓋を割り箸で恐る恐る取ると底の色が変色
早速、取説を見ると無水で使う事に大きな注意書きがありその時の対処方法が書いてある。

結果としては又普通に使えることとなった圧力釜、
これからは色々と注意しなくてはと、反省したわがままおばさんでした。2009年7月30日おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の戻りか?

梅雨は梅雨明け宣言が出て、だいぶ前に終った思ったが、この二、三日はまるでジメジメとした戻り梅雨の空模様である。
日本語には色々と情緒一杯の艶っぽい言葉は幾通りもある。この梅雨に関しても
戻り梅雨
暴れ梅雨
送り梅雨
空ッ梅雨
菜種梅雨
走り梅雨  等
まだまだネットで調べるとあるようだ

この戻り梅雨で裏山が崩れて、山口県の特養老人ホームのお年寄りが何人も亡くなりいまだに行方が分からない方がおられるとの報道に我がおばさんとしては、人事には思えないないのです。
早く梅雨を追い出したい気分だが天気は人間にはどうにもならない。
我がふるさとは山と山の間に囲まれた小さな寂れた町ですが、集中豪雨などあったら凄い被害だろうなと、ないことを願う、ふるさとを思うおばさんなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »