« 2008年8月 | トップページ | 2009年6月 »

久しぶり、我が故郷 粟野町

昨日25日に久しぶりで新米が出来たとの知らせに田舎に出かけてきました。田舎、、どっーて事ない田舎なのに何だか癒されるというか嬉しいというか、今日はリフレッシュした気分になりやっぱり用事がなくともたまには行かなくっちゃと思った次第です。
2年前に鹿沼市と合併して鹿沼市口粟野という表示に変わりましたが、粟野という地名はなんとも響きが良い。お墓まいりと墓掃除その他色々と用事を済ませて帰ってくるとちょうど8時間の日帰り旅となったわけです。
ソバと日光イチゴ、それに美味しいお米で結構知られている所です。
菊農家の中杖農園で 墓まいり用の菊を購入して、(夫の同級生の実家それに私の恩師の家)草ぼうぼうの一坪ほどのお墓の草むしりをし、気分爽快な一日

でもね73歳の夫の運転に自分でも感じているようですが老いを感じたのは2回も道路の側のブロックに乗り上げてかなり自分でショックを感じていたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壊れた冷蔵庫

13年使用した冷蔵庫が昨日から冷やさなくなった、おかしいと感じたのが夕方6時ころそのうち又冷えるかなと思っていたが、風呂上りの夫が
「冷たくないぞ」!!
と騒ぎ出したそれ大変だ!!とばかりに縁の下に念のためにとしまってあった小型の冷蔵庫をとりだした。
でも待てよ!おばさん得意の気転をきかせてコンセントを抜いてからまた挿した
何とゴーゴーと小さな音をたてはじめたのだ。
「変なにおいや、異常な音がしたら」すぐに抜けば良いか
そのまましばらくの間そのままにしておくと庫内は冷えてきたじゃないか
夜中まで気になり冷蔵庫を見回りに、、、。
今日は朝からケーズデンキに駆け込み気に入ったのを購入
これでわが人生で最後の冷蔵庫に なるかな なんて考えながら、、。
でも不思議な冷蔵庫だ、でも13年とは寿命だ良く働いてくれたと感謝しながら明日配送される冷蔵庫くんに何か名前でも付けるか。

Img_06491 この写真は我が家の緑のカーテンをイメージして植えた「フウセンカズラ」の日陰で谷崎潤一郎の著書「陰翳礼讃」の世界を思いとても気に入っている写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年6月 »