« 大曲の花火大会 | トップページ | 新聞の勧誘 »

古い写真

2、3日何の予定もない日が続いて何をするわけでなく、ただ平凡な一日を過ごすが主婦としての仕事はそれなりに支障なくこなし、その他の用事がないのは、何とも寂しくもあり嬉しくもありと言った平和な生活を感謝しているのであります。
でも、、、、、、充実さがない日を、誰かが、私の後押しをしてくれないかと期待しながらあきらめている66歳のおばさんなのです。

そんなわけで、昔の写真を少し整理したいと思い押入れの奥から昭和60年代の写真を見始めたが、昔の思い出を嬉しがる自分がほんとに高齢になった事を感じるのです。
古い写真は自分が若った事、子ども達が、まだほんとの子供だった頃を思い出し、思い出にひたって時間のたつのを忘れるくらい見入っていると、なんだか訳もなく涙っぽくなって、その当時の色々の事を思い出して湿っぽくなってしまったので、ここでブログに書こうと久しぶりで開いたのです。

テレビでは「徹子の部屋」で山根 基世(元NHKアナウサー)が出て対談をしている、これも又懐かしい話をしている。
昔の話が懐かしく嬉しく思うのはやっぱりこの歳を迎えたからで、20年前の私にはなかったろう。
今は何をするにも何だか大げさだが、命がけ の気持ちでする。今年から始めた踊りで沖縄のエーサーという本州で言うと地方で行われる盆踊りのような踊りなのだが夏の暑い盛りに披露するので結構スタミナがいる。
7月の下旬に新宿の繁華街で始めてのエーサーデビューをしたが、その時も暑さと熱気で体が倒れないようにと命がけ(ちょっと大げさかな!!)で気合を入れたのだが、上手、下手は別にしても、難なく踊れた。
「案ずるより生むが安し」とはこの事か、、、。旅行もこのツアーが無事に行けたら次を申しこもう、等と自分の無事を確認してから次に進む。
宿泊旅館も辺鄙な秘湯や秘境はなるべく止めて、大病院がありそうな、近くの市町村に泊まるツアーを申し込んだりしている。
「何をするのも命がけ」と臆病者のおばさんが感じ初めているのは、やっぱりこの歳になって思うこと。

本題の古い写真をどうしようかな、押入れの奥に30冊はある、自分にとっては思い出でも私以外の人にとっては、きっとゴミに違いないから何枚か残して処分しようか等と考えているのだが、まだまだそれは出来ないだろう、でも今整理すれば押入れもスッキリするだろうと思うと どうしようかな??!!!
ため息がでる、兎に角近い将来は整理しようと思うが、それは何時か おばさんにも分からない。(^_-)-☆  2007 10月19日

Basutaoruzori 最近 流行っているゾーリです。古いバスタオルで頑張って作りましたが、思ったより履きにくいものです。

|

« 大曲の花火大会 | トップページ | 新聞の勧誘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い写真:

« 大曲の花火大会 | トップページ | 新聞の勧誘 »