« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

所沢 ゆり園に行く

 0761516 思いがけず朝のニュースで放送していたので近くだし、暇だし運動とひまつぶしに出かけたのです驚いた!!こんなに近くに、素敵な「ゆり園」があって、時期がよかったのでしょう。ほとんど見ごろの ゆり が咲きそろって、そしてその景色が、おばさん 感動のゆり園散歩でした。
西武池袋線の南大塚から電車に乗っている時間は40分足らずで西武球場前に着く
ドーム隣と書いてあるが、ゆり らしきは何処にも見当たらないから駅員さんに聞くと「その階段を渡ると道なりで、すぐソコですよ」と言う
木に隠れていて狭山丘陵地と言われている位だから小高い丘が点在するその丘を囲むように木が立ち並びすぐソコと言われても視界にわはいらない。約5分で到着、駅でゆり園切符を購入1280円なり入園料込みで200円のお得キップでした。北海道、富良野パッチワークの丘のように見たとたんに感動してしまった。花は満開を迎えたように素晴らしい。不思議なことに香りがほとんど無いのはどうした事かと不思議だったが、園でのパンフレットの説明ではスカシユリは香りはない、この後 咲くハイブリット系には素晴らしい芳香があるそうです。おばさん、暫くぶりの花旅日記でした。
07.6.17おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめくじ(続き)

5月25日のなめくじ退治の続きですが、5日間のあいだ、夜9時頃になるとナイロンの袋に安い塩で濃い目の塩水を作り、割箸と懐中電灯を片手に猫額の庭で暗闇をまるで探検隊のような、興味を膨らませて「今日は何匹?」などと思いながら出るのだが始めて2,3日は取り応えがあり、4日5日となると見つけるのも大変なくらい いなくなった。
そして、インターネットのあるHPに書いてあったように薬を撒いたあくる日には何匹かのしからびた「なめちゃん」達が見つかりこれで、「根絶やし」とおもいきや、昨日夜に見回るとまだ数匹の光り輝く姿が見つかりました。
お隣のご主人がタバコを吸いに外に出てきて「何してるの?」不思議そうに聞くから面白おかしく説明をしている内に雨がチラチラあわてて、「今日はこれでおしまい」と終了。

これでほとんどはいなくなったと思いますのでナメクジ退治の報告は終ります。
が、私としては、根絶やしを目標にまだまだ、夜の見回りは続けたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »