« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

10円のチューリップ

Img_0212 昨年の暮に近くのスーパーでチューリップの球根を10円で8個購入、もっとも店も年の最後に品物を残しても困るので10円にしたと思うのだが、最後の8個を買い込んで芽が出るか半信半疑でその日に植えた。今年は暖かかったせいか、一月になるとすぐに小さな芽が出てなんだか急に楽しみになった。どうせ出ないだろうと思っていたので、どうでもいい所にいい加減に植えたのでなんだか可愛そうになってきた。
とりあえずは、一月下旬までには8個全部の芽が出て日増しに大きくなる。そして4月になると蕾が膨らみ、花芽が膨らんでくると、赤ちゃんに「芽が出て膨らんで、花が咲いて、、、」と歌ゲームのように、楽しみになってくると、毎日10円のチューリップの話題が我が家に出てくる。その花が全部8個咲いて、4個が黄色あとの4個が赤でどう見ても10円とは思えない。それでココログに載せたわけである。見て下さい〔撮影4月15日おばさん撮影〕  2007年4月18日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火の玉

 日曜日の午後7時からのテレビ東京で「田舎に泊まろう」という番組での出演者が大槻教授でした。その中で子どもに「火の玉」の事を話す場面があったんですけど、それを聞いて60年近く前の出来事を思い出しました
私も8才か9才の頃、夏の夜に見たんです!!ほうとうの事なんですよ。
栃木県の田舎で育ちましたので田舎は道路の片隅に夏の夜は夕涼みに縁台をだして団扇で仰ぎながら、子どもや大人が色々な話に花を咲かせて、それを聞くのが夏の夜の楽しみでもありました。その日は高校生くらいの近所のお兄さんと私と同じような年齢の子どもで5、6人くらいだったと思うのです。時間は7時半くらいでしょう。ソロソロ寝る時間かななどと思っていると、誰が気が付いたのか、「アレ、なんだ!」と指差す方を見ると何と道路の真上を斜めに 黄色がかった橙色の火のような玉が尾を引いて動いているのです。
驚きましたね、驚いたなんてもんじゃなかった。その物体は屋根の向こうに消えましたがあっというまの出来事に驚きと興奮で今でも忘れられない思い出なんです。
その時の様子を両親に興奮して話したのを覚えています。

アレはいったい何だったんでしょう。
何かの科学的現象だったのでしょかね

今でもなんだか分からないから、思い出って面白い、そして何時までも何だろう、何だろうと不思議に思っているから、何時までも忘れない。(^_-)-☆2007年4月16日おばさん記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »